オモチャ処分作戦

子供のオモチャの処分をもくろんでいる。
もう限界。リビングにあふれかえるオモチャたち。
全然使ってないオモチャも、いらないよねと捨てようとすると、とたんにそれで遊ぼうとしだす。それまで見向きもしなかったクセに!
というわけで、私は作戦を立てた。
3か月くらい見向きもしないオモチャは随時、和室の天袋に移動させるのだ。
和室の天袋は子供が目にすることはないスペース。
もし、万が一オモチャが消えていることに子供が気付いたら、「あのオモチャさんは遊んでもらえないことが悲しくていなくなっちゃったんだよ。ごめんね。大切にするよって心から思ったら出てきてくれるかもしれないよ」的なことを言って、こっそり天袋から出してあげよう。
1年間、オモチャがなくなってくることに気づきもしなかったら、晴れて処分~!
さあ、この作戦どうなることやら。