軽いアトピーの湿疹の治療にアズノール軟膏が処方されました。

私は40代の女性で、会社員で事務職をしています。

湿疹ができて病院に

痒くて湿疹ができているのが気になり、なかなか治らないので皮膚科へ行くとアズノール軟膏を処方されました。

軽いアトピーだと診断されてびっくりです。

まさか自分がアトピーになるとは思っていなかったので、軽くショックを受けました。

大人になってからも急にアトピーになったりするんだなと思ったんですよね。

今までこんな風に湿疹がしつこくできて痒くなったことがありませんでした。

だから今回は湿疹がひどくておかしいなとは思っていたのですが、忙しくても皮膚科に行って良かったと思っています。

もし皮膚科に行かずに放置していたら、アトピーがひどくなっていたかもしれません。

皮膚科に行くことなんてほとんどないので、ちょっと緊張しました。

アズノール軟膏とは

薬を使う時に副作用が怖いタイプなので医師にアズノール軟膏に副作用はないか聞いてみると、副作用が出る事が少ないと言われました。

長期間使用しても大丈夫だと言われて、安心して塗りました。

アズノール軟膏はすぐに劇的な効果は期待できないぶん、刺激が強いわけではなさそうなので使ってみようと思えました。

皮膚を保護したり、炎症をやわらげる薬だと言われました。

湿疹、やけど、そして皮膚潰瘍などに使うものなんですね。

アズノール軟膏を使った結果

アズノール軟膏ってけっこうベタベタするので、それが不満です。

もっと浸透力があってサラリとしてくれると良いのですが、しばらくベタベタしているので気になってしまいました。

でも保湿効果はとても高そうですし、実際にずっと使っていたらカサついていた皮膚がしっとりスベスベしてきましたし、乾燥が気にならなくなってきたんですよね。

とても嬉しかったです。

さらになかなか治らない湿疹が、だんだん数が減ってきてなくなったんです。

皮膚がとても綺麗になったので、アズノール軟膏ってすごく良い薬だなと思いました。

初めて使ったのですが、またアトピーが再発した時はすぐに皮膚科へ行ってアズノール軟膏をもらいたいと思いましたね。

湿疹のせいで痒くて眠れなかったり、掻いてしまって血が出てヒリヒリ痛くなったりなどひどいめにあいましたが、アズノール軟膏で健康的な皮膚に戻ってくれました。

アズノール軟膏を使う前は市販のクリームを使ってケアをしていましたが、やっぱりアトピーの湿疹ってこういうしっかりした軟膏を塗らないと治らないんだなと思いました。

皮膚科へ行くのは面倒ですが、アトピーを放置するのはとても怖いので絶対に行くようにします。

私が使ってみて思ったのは、アズノール軟膏は湿疹や乾燥などに徐々に効果がある安心できる薬だということです。