農作業でできたあかぎれにヒトプラセンタジェル(プラセントレックス)を使ったらよくなりました。

私は徳島県在住の38歳の主婦で、テルリンと言います。
テルリン
実家は小さな農家をしており、実家の手伝いで農作業をしています。
そのせいで手はボロボロ、カサカサ、ひび割れ、あかぎれだらけです。
洗顔のとき顔が痛いぐらい手のひらはあかぎれでカサカサ荒れています。
いつもハンドクリームを塗って手袋して寝ていたのですが、
ネットでヒトプラセンタジェルは傷も効くと聞き、
ひょっとしたら、あかぎれに効くかもと思い、試しにヒトプラセンタエルを塗ってからハンドクリームを塗って手袋しました。
すると、なんとびっくり、手の指のアカギレが改善されてきました。
手のひらは治るのに時間がかかりますが、指先の治りは早かったです。
ヒトプラセンタジェルまとめ買い
そのため、ヒトプラセンタジェルをまとめ買いをして、一緒に作業している方もハンドクリームと一緒に使っています。

私のように手がボロボロでない方も手にハリができたと好評です。

私はこのヒトプラセンタジェルをベストケンコーというサイトでまとめ買いをしています。

>>ヒトプラセンタジェルのおすすめの購入方法はこちら

ヒトプラセンタジェル以外の農作業のあかぎれの対処法

ネットで聞いてみました。

アロエを塗る。

水絆創膏で対処

農作業用の手袋をする

軍手を二重にしてハンドクリームを塗る。

白色ワセリンを塗って手指を保護します。

アロエ軟膏を塗った後、ニベアを厚塗りしてふたをする。

洗って消毒してからしみるけど塗る絆創膏をつけること!

手洗いしたら、水分が完全にとれるまで、タオルできれいに拭く。

手に保湿クリームを塗ってから、ゴム手袋をしてなるべく手荒れを防ぐ。

尿素入りハンドクリームをたっぷり塗って、手袋をして寝れば、しっとりする

ハンドクリームを塗ること。出来れば市販のではなく、病院で処方されるもの

お風呂上りに馬油をしっかりとすりこみます。馬油はアカギレだけでなく、虫刺されにも効果があるためおすすめです。

厚手の軍手をすること、ゴシゴシ洗い過ぎないこと、ビタミンEを多く含む食品(アーモンドや卵黄等)を摂取すること。

大まかな作業は軍手やグリップ力のある手袋、細かな作業には医療や調理用のニトリル手袋を使う。休憩時にはハンドクリームを必ず塗る。

夜寝る前に手を洗い、白色ワセリンをたっぷり塗って、綿か絹の手袋をして寝ています。白色ワセリンは気がついた時にまめに塗るともっといいです。

肌を清潔な状態に保つようにして、保湿するようにしています。使うものは主に、化粧水と乳液とクリームです。乾燥させないように気をつけています。

お休み前にワセリン、ハンドクリーム、馬油など保湿できるものを塗って手袋をして寝ます。一晩でお肌がしっとりして痛みは取れます。あれなくなるまで繰り返します。

保湿力の高いハンドクリームを使っています。私が通販で買っているのは活潤ハンドクリームです。2000円以内で購入できます。この商品は大変欲しい保湿力が高いです。

出血が酷くなければ、瞬間接着剤で傷口を止めてテーピングです。傷口がジュクジュクしているものには湿潤療法がベスト。回復を早めるために手袋をして就寝します。

農作業をしていると手肌が荒れてあかぎれになりやすいですね。あかぎれになったときはあかぎれ用ハンドクリームが良く効きます。寝る前にも塗って手袋をつけて寝ると治りが早いです。

作業後に手を洗ったあと、タオルでしっかりと水と拭き取り、ハンドクリームで保湿をする。それでもアカギレになってしまったら剥けた皮は爪切りなどで切り、患部にカットバンをまいて保湿する。

水仕事に使うゴム手袋は、必ず着けるようにしています。アカギレは、保湿力の高いハンドクリームを選んで塗っています。いくつかのハンドクリームで試してみて、一番、効果が高かったものを継続して使用しています。

薬局などで売られているアカギレ専用の治療薬を使います。アカギレしている部分への保湿も有効です。痛みが強い場合はばんそうこうなどをはり傷が治りやすくしてください。また予防法としてビタミンCを摂取すること有効です。

私も農業をしているのですが、毎年冬の季節になると手が荒れてアカギレになるのが悩みです。ハンドクリームは必需品なのですが、手袋を変えて作業すると少し違いました。寝る前に、ハンドクリームと付けた後手袋をして寝るということでだいぶ改善されましたよ。

ハンドソープで念入りに手を洗ったあと、ワセリンと市販のハンドクリームでアロエ成分の入ったやつを1対9の割合で混ぜたものを荒れている部分に念入りに塗るとアカギレが酷くなりにくいです。アカギレになってしまった場合はコロスキンを塗って封じると傷が閉じます。

あかぎれの傷やかゆみがある場合は、皮膚科で見てもらった方がいいです。それ以外は、保湿成分を含む尿素入りなどのクリームをたっぷり塗り、その上から木綿の手袋をし、その上にもう一枚軍手のようなものを二枚重ねにします。そして、一晩寝て起きるとつるつるの白魚のような手になります。

食器を洗うときには必ずゴム手袋をして、あかぎれを悪化させないようにする。その上で、保湿効果の高いハンドクリームをたっぷりと手に塗り、マッサージをしてあげる。寝るときにもハンドクリームをたっぷりつけたら、コットンのグローブなどで保護しておくと、あかぎれが見る見る間に、しっとりします

ゴム手袋をはめて作業をするのがおすすめです。
ハンドクリームもこまめにぬりましょう。
さらに、寝るときは、ハンドクリームを塗って綿手袋をはめると効果的です。
それでも辛いときは、水絆創膏(液体絆創膏)をお試しください。痛みを防いで細菌の侵入も防げて目立たないので、一石三鳥ですね!

お風呂でゆっくりと患部を温め、血行促進を促します。
私はお風呂から上がったら、≪ユースキンA≫という市販薬をたっぷり塗り込み名ます。
ビタミンEやグリセリン、が配合されていて、肌がとてもしっとりします。
少々スッとする匂いがしますので、好き嫌いはありかもしれませんが、とても良く効きます。

予防としてはベビーオイルをよく塗ります。でもアカギレは出来てしまいます。
出来てしまったアカギレは、液体絆創膏を塗ったあとに普通の絆創膏を貼ります。でも、それだけではアカギレはなかなか治らないので、傷口が開かないようにしっかりとテーピングテープを貼ります。傷口が痛いですが、このほうが早く治ります。

アカギレが起こる原因はそもそも、乾燥が原因である。
手がどう乾燥しないように保湿をしているかというと、手の皮脂を使って保湿をしている。そのため、水仕事をすることでその皮脂が流れていき、乾燥してしまう。
ここで、水仕事で乾燥しないようにするためには、撥水効果のあるハンドクリームを水仕事の前、水仕事の後に塗るようにすることで乾燥を防げる。