汗湿疹の治し方!汗湿疹にはヒトプラセンタジェルが効きます。

汗湿疹の治し方をネットで聞いてみました。

汗を拭く、洗い流す

小まめに汗を拭き、シャワーを浴びる。

冷たいシャワーを浴びる

汗をかいたらこまめにタオルで拭く

こまめに汗を水拭きして清潔にする。

汗をかいた際は、すぐに手を洗うかウエットシートで拭くようにしています。

とにかく汗をかいたらすぐに拭く。
可能なら腕とかは洗ったり、濡れたタオルで優しく拭くのがオススメです。

湿疹が出ている部分を水で洗うか、濡らしたタオルで拭いて、タオルを巻いた保冷剤を当てて冷やす。

汗湿疹は、とにかく汗をかいたなと思ったらすぐにボディ用のウエットティシュで綺麗に汗を拭き取ることで予防できます。

石けんの泡できれいに洗う。泡もしっかりと洗い流す。乾燥させる。皮膚と皮膚の接する部位にはガーゼやタオルなどをはさむ。

汗をこまめにふき取り、綿100パーセントの下着をつける。定期的に皮膚科に通い、処方された薬を指示のとおり真面目に使う。

朝起きたらシャワーを浴びる。朝着替えるときに下着まで全てかえる。夜寝るときは白色ワセリンで保護する。

汗湿疹は汗がとどまっているのが原因なので、こまめに拭く。これに尽きると思います。また拭き方もこするのではなく抑えるが基本です。こすることによって摩擦で炎症が起きます。最終手段はお薬だと思います。

まさに今年汗湿疹で悩まされました。今も完治はしていません。
一番の対処法は汗をそのままにしないことです。汗ばんだらシャワーを浴びて、肌に汗を残さないようにします。これは皮膚科の先生に言われました。
そしてエアコンをフル稼働させて、快適な温度で汗をかかないようにして過ごします。
また、極力肌に触れるものを少なくし、下着の締め付けなどもしないように、ロングTシャツを下着をつけずに着用して家の中では過ごしました。
着用する服の素材は綿100%です。

こまめに身体を拭いたり、着替えるのがおすすめです。
肌着は、肌に優しい綿か絹がいいですよ。
可能ならこまめにシャワーを浴びるとなお良いです。
身体を洗うときは、手で泡だてて、
優しく手で洗うと皮膚に刺激が少ないのでお試しください。

まずは患部を清潔に保つことが良いと思います。入浴・シャワーの際は、泡立てた石鹸で優しく洗い、ナイロンタオル等の摩擦は厳禁です。衣類は吸水性の高いもの、肌さわりの柔らかい物を選ぶようにします。必要に応じて、軟膏を使用し、水膨れなどがある場合は、ガーゼで保護するようにします。

汗湿疹の対処法は『すぐに汗を流す』です。
汗がいつまでも肌にあると刺激で湿疹へと移行してしまうため、可及的速やかにシャワーを浴びるなどして清潔を保つことを最優先します。汗湿疹のできてしまった場合はステロイドで早急に治します。早いうちに対処すれば肌も早く立ち直りやすいです。もし外出時などでシャワーが浴びれないときは濡れてるタオルで拭き取るなど出来る限りの努力をすると、やらないよりは『マシ』です。その時、出来るだけ汗拭きシートなどの薬品が染み込んでいるものよりは、単純に汗を拭き取ることのみを大切にして水に濡れたタオルで汗を拭き取ることをオススメします。薬品が返って汗湿疹に刺激を与えてしまいかねないからです。湿疹になっている時点で肌が敏感で弱っているわけですから、刺激を与えない方法を選択したほうがいいです。

冷やす

ビニール袋に氷を入れて患部に当てます。

ベビーパウダー

泡の石鹸で、手を使って優しく体を洗った後、お風呂から出たらベビーパウダーをつけます。

きれいに洗い流した後、ベビーパウダーを塗るというのを繰り返していたらきれいになりました。

ベビー パウダーを外出する前にやります。こまめに体を拭いたり洋服での体温調整を場所にあわせて行っています。

通気性のよい服を着てこまめに汗をふきとり、ベビーパウダーをお風呂あがりなど清潔になった皮膚に軽くはたいておくと汗湿疹ができにくくなりました。

私は夜寝ている間の汗で汗湿疹になりやすいので、夜寝る前にベビーパウダーを首回りを中心にはたいています。また、夜のシャワーの時になるべくぬるま湯で流しています。あまり温度が高いと肌が乾燥してより汗湿疹が出たところがかゆくなって掻きむしってしまうからです。これをするだけで大分かゆみと湿疹が出る頻度が減ります。
首回り、とくにうなじの生え際に汗湿疹ができるときがあります。昼間の対処法としては、起床後にシャワーを浴びて、さらっとしたボディーローションをつけて保湿をして、その上からベビーパウダーなどをパフで軽くなじませます。粉が汗や皮脂を吸収してさらっと保ってくれます。お昼ぐらいには汗ふきシートなどで拭き取り、またローションをつけてパウダー、という繰り返しです。べたつきが抑えられ、かゆくならないので、汗湿疹の対処や予防におすすめの方法です。

オイル系を塗る

私の対処法は汗疹ができる箇所にオイル系を塗布します。
ベビーオイル、ワセリン、、など。汗をはじいてくれます。
胸の谷間は塗布した後にガーゼハンカチを谷間に挟んで汗を吸い取ってます。

薬を塗る

皮膚専門医を受診してアンフラベート軟膏を処方してもらい塗布すると良くなります

抗生物質が配合されているステロイド軟膏をぬれば、痒みが治まり綺麗に治ります。

オロナイン軟膏を塗ること、氷水もしくは、保冷剤をくるんだタオルを患部に当てること。

手を洗った後は、まめに抗生物質が含まれた軟膏を塗るようにしてます。また、夏場は蒸れたりするので下着の素材に注意して選んでいます。

私はお尻に汗疹が出来るんですがかゆみがあったらすぐ汗疹用塗り薬を塗ります。薬を塗ると数日でキレイに治りますよ。そのほかの対処法としては汗をかいたら乾燥させることです。

綿など、汗を吸う素材の服を着るか、汗の多い部分にタオルを挟む。酷くなってきたら我慢せず、皮膚科で塗り薬を出してもらう。

シャワーを頻繁に浴びる。
タオルで汗を拭き取る。
あせをかく箇所にタオルをあてておく。
暑いお風呂に入る。
副腎皮質系の軟膏を塗る。
など自分はやっていました。

予防としては、汗かいた後は、必ずシャワーで洗い落とす。
すでに出来てしまった場合には、ムヒなどのステロイド系の痒み止塗り薬を使う。

まずムヒを塗る。(個人的には、チューブよりも液体がおススメ)それでも治らなければ早めに皮膚科に行く。湿疹が出たばかりの時や、範囲が狭い時は保冷剤などで冷やすだけでも大分ましになります。

汗失神になる前にこまめにふくのがベスト、なってしまった時は清潔にするのに加えて、ひどくなりそうなら『ストロング』以上の副腎皮質ホルモンのクリームなり軟膏を塗る。
水に溶いて弱くしてもよし、強い薬で抑えてかかないようにする。
痒くて仕方ない時は冷やす、冷やしても駄目なら爪を短くカットし、ヤスリかけて爪先が丸い状態でかく。
かいたら、ワセリンでもヘパリンでもいいから保護クリームで回復を促す。
これがストレスがたまらずオススメです。

私は肌が弱いので汗湿疹が出ることがありますが、その際の対処法としてまず湿疹が出ても引っかいたりしないことです。そしてなるべく清潔にしてひどい場合はクリームを塗りますが、そこまででなければ涼しくして患部を清潔にして汗をかかないようにします。この方法で大体改善します。

予防が大事

汗疹はいったんできてしまうと治りにくいので、まずは何より予防が肝心です。汗が肌に付着している時間を減らすためにこまめにふき取ること、さらに理想を言えば、洗い流すか濡らした布で汗の成分をきちんとふき取るといいでしょう。
また、小麦粉・砂糖・添加物を多くとっていると汗疹ができやすいので、これらの食品を避けることも肝心です。
いざできてしまったら、これ以上悪化させないことが大切です。かきむしってしまうとますます治りにくくなるので、極力触らないように気をつけましょう。また、汗の成分がさらにかゆみを引き起こすので予防と同じく汗をきちんとふき取ることも大切です。
また、昼間どんなに気をつけていても寝ている間にかいてしまうものですので、寝る時はなるべくエアコンをつけ、できれば清潔な長袖のパジャマを着て寝るといいでしょう。