薬に頼らないアトピー対処法は汗や乾燥からお肌を守ること。

私のオススメのアトピー対処法は、汗や乾燥からとにかく肌を守ることです。

最近の夏は外に出ると汗だくになりますよね。

仕事などで外に出て、帰ってきても外に出た時とずっと同じ服を着ている、これがアトピーを悪化させる原因になるのだそうです。

汗をかいた時はとにかく一刻も早く汗をふいたり、着替えたりしたほうがいいとお医者様から聞きました。

また時間があったら、朝起きた時と外から帰ってきた時はシャワーを浴びて体を清潔にすると良いともおっしゃっていました。

朝のシャワーは知らず知らずのうちに出てしまっている寝汗を落とすために特に浴びてほしいそうです。

夏は上記のことをしっかりと実践して取り組んだ結果、そこまで痒くもなりませんでしたし、発疹もあまりできませんでした。

また夏が終わり、秋になる時の季節の変わり目や冬本番になるとカサカサと乾燥しがちな季節になります。

乾燥している部分や乾燥により痒くなってしまった部分にはとにかく保湿剤をこまめに塗ると症状を抑えられます。

私が使っているのはサンホワイトというちょっと高めの保湿剤なのですが、高いだけあって充分に保湿することができます。

また保湿だけをするのではなく、服の素材を確認するのも大切です。

例えば温かくて便利なヒートテックですが、実は肌にはあまりよろしくないそうです。

私も実際に着てみたら最初は少しチクチクとした感じがして、徐々に痒さが増してきたのでそれ以来着ていません。

その他にも裏起毛のズボンや女性でしたらタイツなんかも、肌に刺激を与えてしまう素材で作られているので履く時は自分の肌の調子を見ながら身につけています。

このように、アトピーの対処法は薬や保湿だけでなく肌への細かい気遣いからも少しづつ予防することができます。

今まで薬や保湿を徹底していたのにアトピーが悪化してしまっている方がいましたら、是非自分の生活を振り返ってもらって上記のことを実践してもらいたいです。

(神奈川県 むつさん)

>>アトピーの治療にはこちらのサイトが参考になりました。




コメントを残す