花粉症で肌が荒れた時(花粉症皮膚炎)にヒトプラセンタジェルが効きます。

私は東京都在住の主婦のモトコと言います。45歳になりました。
モトコ
私は前から花粉症で、目の充血と鼻水で大変でしたが、
最近は皮膚もやられるようになりました。
特に皮膚の薄い目の周りがシワシワになったり、
鼻の下がカサカサになってしっていました。
そんな時に妹から紹介されたのが、このヒトプラセンタジェルです。
ヒトプラセンタジェル
これを使うと肌にハリができたり、シワがうすくなったりするそうです。
試しに妹からもらったヒトプラセンタジェルを寝る前に塗ってみたところ、翌朝には目の周りのシワや鼻の下のカサカサがよくなっていました。
びっくりです。
鼻の下に塗るときは、ちょっとヒリヒリする時もありますが、即効性がありカサカサが悪化しないですみました。
それからは自分で買って、使っています。
花粉症以外にも肌にハリがでたり、シワが薄くなってくるので、花粉症の季節以外にも使用しています。

>>ヒトプラセンタジェルをこちらから買っています。

ワセリンが効く

ワセリンを塗る

軽いものなら白色ワセリンで保護する。時間がとれるかぎり、まめに洗顔して塗り直します。

何かを塗る

アロエを塗ると良くなります。

化粧水を塗って、その上からニベアを塗る。

顔に塗ると思われるので、保湿力が高いクリームを使います。

花粉症は肌の保湿をなくしてしまうので肌が荒れるので、保湿クリームや保湿液が私の対処方法です。

ハトムギ化粧水を使い捨てのシートパックにたっぷり吸い込ませて顔パックする。その後、ニベアで保湿する。

花粉症で肌が荒れた時はオールインワンゲルを使っています。オールインワンゲルを使うことで肌が回復してきます。

花粉症で肌だけでなく、顔のかゆみも酷い時は、薬用の洗顔フォームでメントールの入ったものを使用しています。

はちみつパックを連日やる。(お風呂ではちみつをそのまま塗りたくって5分ほどそのままにするだけで保湿力が上がり、肌がすぐに治る)

化粧水にニベアの青缶(チューブタイプなどは不可。青缶のものに限ります。)を溶かして肌に塗ると保湿効果が上がり、肌荒れが軽減されます。

花粉症で肌荒れしているときは、確実に肌が乾燥しています。ですから高保湿成分配合のボディクリームなどを使って、しっかり肌に潤いを与えるようにします。

私はとにかく保湿に力を入れます。セタフィル モイスチャライジングクリームと言うのを使っています。入浴時には赤ちゃん用のボディーソープを使用し、肌に負担がかからないようにしています。

花粉症で肌が荒れてしまった場合、どんな化粧品でも過敏になってしまっていることが多いので、ワセリン以外なにもつけない状態で過ごします。マスクがをすればすっぴんを隠せるし、紫外線対策もできます。

スギ花粉の時期は冬場でただでさえ肌が乾燥しますが、合せて赤みや痒みが出て敏感になります。普段使っている基礎化粧品ではピリピリして痛いと感じてしまうので、この時期は資生堂の「dプログラム」のアレルバリアシリーズと、モイストケア プログラムを併用して使っています。

花粉症の症状が出ている時期は肌の免疫力が下がって肌荒れしやすくなりますが、ワセリンを塗って肌を保湿することで肌荒れを改善することが出来ます。ワセリンはかなり保湿力が高くて塗りすぎると反対に肌に負担をかけてしまうので米一粒ほどの量を荒れている個所に塗って保湿するのが最適です。

鼻のかみすぎて鼻の周りなど肌が荒れてしまった時は、敏感肌用の植物性オイルをサラっと塗ると良くなるので気に入っています。

私は花粉症の時に鼻をかみすぎて鼻まわりがあれます。最近ではそうならないようにまずはワセリンを鼻の周り小鼻や鼻の淵にぬり、マスクをしてテカテカを隠します。鼻をかめば取れてしまうので数回鼻をかんだ後、トイレや化粧室に行って塗り直します。持ち運び用の小さいワセリンは重たくなくコンパクトなので持ち運びに便利です。

花粉症で肌が荒れるのはアレルギーと乾燥が原因なので肌のケアとしては界面活性剤(合成洗剤)が入っていないボディーソープを使う事で肌の悪い菌を落とし、いい菌はあまり洗い流されないので乾燥も防ぎ肌に水分を残したまま回復させることができます。これだけではなくて花粉症はアレルギーであり治すためには腸の不調を改善しないとまた肌が荒れたりするのであまり添加物や糖分を控えて、善玉菌の餌になるごぼうや玉ねぎ、生野菜などを摂取するとアレルギーの原因である腸の不調が改善されます。

なるべく肌荒れが軽い時に対策をします。
ドラッグストアで買える資生堂の第2類医薬品、IHADAのプリスクリードDを肌が荒れそうだなという時にスキンケアにプラスします。そして、洗顔と保湿をいつも以上にしっかりとやるように心掛けています。
それでも荒れてしまう場合は、できるだけ早めに信頼できる皮膚科にかかります。

食べ物、サプリメントで

保湿を大切にする。バランスのいい食事

肌の代謝に役立つビタミンBを積極的に摂取する。

ビタミン剤を飲む、ファンケルの乾燥敏感肌用の化粧水をつける

花粉症予防に効果のあるヨーグルトを朝昼晩欠かさず食べること、濡れタオル(冷え)で肌を拭いてあげること。

病院(皮膚科)で治療する

何はともあれ皮膚科に駆け込む。

もともとアトピーなので病院へすぐ行って、飲み薬と塗り薬をもらいます。

花粉症で肌荒れしたときの対処法でオススメなのは荒れた箇所を刺激しないことです。荒れている箇所に油分を補給するなら皮膚科で処方される保湿液がオススメです。

花粉症がひどくなると化粧水をつけただけでも肌がピリピリして、とても苦痛だったのですが、皮膚科に行き、花粉症用の目薬と、ビーソフテンローション0.3%という皮膚保湿剤を処方してもらいました。この保湿剤をつけた後、しばらくしてから、化粧ができるのでとても助かりました。市販の薬は肌が弱いので、怖くて使えません。皮膚科に行って保湿剤を処方してもらうのが私にとっては最善の方法です。
根本的な対処法だと、花粉の季節の前から病院に行って花粉症のお薬を処方してもらうのが1番です。肌荒れもほとんどなく花粉の季節を乗り切る事ができます。お薬飲めない、効かない時は、メイクはいつも通りして、マスクで1日過ごして、帰ってきたらすぐに洗顔をするのがオススメです。肌荒れの時はメイクはちょっと…と思われるかもしれませんが、花粉症からくる肌荒れは別だと私は思っています。とにかく肌に直接花粉がつかないようにするのが肌荒れをいち早く治す近道だと思います。

その他

半身浴をして体温を高めて免疫力を付けることです。

兎に角やさしい素材のティッシュを使うようにする、そして化粧水を敏感肌用のものに切り替えて、乳液でしっかり保湿をする。

クレンジングを拭き取り用のものに変えて、優しくコットンで化粧オフをします。なるべく肌に負担をかけないように注意します。

外から帰宅した時、できるだけシャワーを浴びるようにします。さらに保湿剤をたっぷりぬることで、肌荒れはマシになりました。

帰宅後は出来るだけ早くシャワーを浴び、身体に付着した花粉を落とす。肌の刺激にならないように、洗顔フォームやボディーソープはよく泡立てて洗う。顔だけでなく身体も化粧水やボディークリームなどでしっかり保湿する。顔の皮膚が乾燥気味の時は、アイクリームや美容液などでケアする。
私も花粉症持ちでひどい場合は喉の痛みや高熱、肌のひどいかゆみを感じます。花粉症で肌が荒れた場合は、抗ヒスタミン剤の薬を飲みます。そこまでひどくなければあれた肌に対してクリームを塗ります。私のおすすめのクリームはかゆくなることが多いのでメンソレータムADを良く使用しました。

花粉皮膚炎で肌があれている場合はアレルギーの原因となっている花粉からなるべく身を守るために、マスクをつけたり、帰ってきたら顔や目を軽く水で洗い花粉をなるべく除去するようにします。
また、鼻のかみすぎで鼻の周囲が荒れやすいため、ティッシュはしっとりとした肌に優しいティッシュを使うようにします。

とにかくまずは花粉が肌に触れないように対策をします。
マスクで顔を覆い、服の素材はなるべくつるつるした花粉がとどまりにくい素材のものを選びます。
帰宅したらできるだけ居室手前で着替えをし、花粉を部屋に持ち込まないようにします。できれば速やかにシャワーを浴びて体や髪から花粉を洗い流してしまいましょう。
荒れてしまった肌にはこれ以上刺激を与えないことが大切です。洗うときやタオルでふき取る時はごしごしとこすらないように、保湿するときも強い力で触れないようにします。また血行がよくなるとかゆみが増しますので、唐辛子やチョコレートなどの飲食は避け、かゆくなってきたら濡れタオルで冷やしたりするのもおすすめです。