髭剃り負け(カミソリ負け)にヒトプラセンタジェルがいいです。

私は比較的肌が弱い方で、髭をそるときに髭剃り負けをして困っていました。
剃るたびに血が出たり、剃ったところがニキビみたいにブツブツになったりしていました。
そんな時、家内から、これがいいかもしれないよと言われ渡されたのがヒトプラセンタジェルでした。
家内曰く、肌がツヤツヤになる、傷ができても治りが早いとのことでした。
試しに髭剃りの前に塗っていました。更に、朝起きた時と寝る前にも、少し出して、顔全体に塗っていました。
すると、言っているとおり、肌にハリがでて、髭剃りまけもしなくなりました。
聞いてみると海外からまとめ買いをしており、1本1000以下で買えて、万能な美容クリームと言われているようです。
それから家内に分けてもらって使っています。
髭剃り負け以外に、肌も少し若返ったかなと、思っています。

ネットで聞いた、髭剃り負けの対処法

ひげをそる前に濡れたタオルで肌を覆う

しっかりクリームを塗ること。新しい刃を使うこと。

市販の髭反り用のジェルやクリームを塗ってから髭を剃ります。

力を入れすぎずに、同じところを何度も往復しないようにする。

乾燥しないように剃る前にパックをして水分を浸透させてから行う。

髭を十分に蒸らしてから、剃刀に力を入れずに剃ると、ひげそり負けしずらいです。

すぐに皮膚科を受診。抵抗感はあるでしょうが、ステロイドを1週間出してもらえば治ります。

スキンケアクリームを剃ったら直ぐに塗ること、髭剃り後は、お湯で顔を洗い、刺激を少なくすること。

水またはお湯でそりたい部分を濡らし、その後で弱酸性の石鹸等を泡立てた上で肌に付着させ、そると良いです。

髭剃り用の刃は古びたものを使用しない。髭剃り用のジェルもしくはクリームを使う。髭剃り後に必ず化粧水で肌を保湿する。

EOSシェービングクリームを髭剃りの前に塗ってから処理をするとカミソリ負けをしません。通販や薬局でも安く購入できます。

ベタですけど、蒸しタオルで髭剃り前に温める。蒸しタオルは、タオルを水で濡らして搾った後、レンジで20秒ほど温めれば、すぐできます。

洗顔フォームを塗って、かなり泡立った状態だと髭剃り負けしにくくなります。それでも髭剃り負けする場合は電池式の髭剃りだと比較的肌に優しいです。

電動よりもT字カミソリの方がひげそり負けしにくい。刃が新しいほどひげそり負けしにくいので、安物をたくさん買って、毎日新しいものを使い捨てにする。

電気髭剃りの場合なら剃った直後に、カミソリで剃る場合なら剃る前後に、たっぷりのオロナインH軟膏を塗りつけると消毒と保湿が同時に行えてかなり有効です。

オススメのひげ剃り負け対処法は化粧品などを数日つけないことです。基礎化粧品をつけると滲みますからやめましょう。清潔にしておくだけで2日くらいで回復しますよ。

以前は、髭剃りを使わずに、
剃刀でそってましたが。
どうしても、剃ると血が出るし。
悩んだ時に。髭剃りかって
変えたら。以前のような症状はなくなりました

皮膚が切れたりしていなければ、保冷剤などでまずは冷やす。あまりキンキンにならないようハンカチなどで皮膚にあてます。少し炎症が和らいだら、白色ワセリンを塗って保湿しておく。

自分の場合は、ゆっくり湯船で髭を柔らかくします。
その後、ジレット マッハシンスリー、シェイビングフォームはサクセス。
この組み合わせで剃刀負けをだいぶ解消できました。

ずばり保湿です。保湿できていないとお肌が敏感になってバリア機能が果たせません。ちょっと冷やして腫れが引いたところで清潔な手で保湿する、それで治らなければ市販の薬で対処します。

タオルを熱いお湯につけて温まったら、水が垂れないようにぎゅっと絞ります。そのタオルをひげを剃る部分に1分間ぐらいつけたままにして、皮膚を蒸らした後にひげを剃るとひげそり負けしにくくなります。

ひげそりで剃ったあと保湿できるローションを塗っておきます。
痛みなどがある場合は氷嚢などでひやすと良いです。そのときにあまり冷やしすぎないように氷嚢などはタオルでくるんだりして患部にあてます。

やっぱりあまり安すぎる電動髭剃りを買うと髭剃り負けが多い感じがする。それと電動髭剃りを使わないのは確実に髭剃り負けするので絶対にやめた。電動髭剃りでも特別のクリームを使うと髭剃り負けしない感じがする。

髭が濃くて1日2回剃るので、肌荒れと、たまに出血が気になっていました。そこで、以前加齢臭が気になって購入したボディソープと同じメーカーのアフターシェーブローションを購入して朝1回つけるようにしています。

毎回ひげそり負けになる私は、ひげそり時にシェービングクリームを付ける前にオロナイン軟膏をひげの範囲に薄く塗って皮膚をコーティングする事でひげそり負けを軽減できています。ひげそり後にもオロナインを塗り込むことも忘れてはなりません。

電気ひげそりを使うと良いと思います。
私も以前は、泡をつけてひげそりで剃っていましたが、どうしても出血してしまうので、やめました。
その後、電気ひげそりを使うようにしたら、綺麗にそれるし、時間も短縮できるし、出血の心配もないので、良い事ばかりなので、お勧めしたいと思います。

普段、電気シェーバーで髭剃りをしています。剃り負けををしないように、出来るだけ押し付けないようにしていますが、それでも、肌が荒れたり、できものができたします。なので、色々と試しましたが、私の場合は、ニベアが一番、肌の状態が落ち着きます。剃った後に、軽くでいいのでニベアを塗ると、肌荒れはもちろん、出来物も出来にくくなります。

私のひげそり負けの対処法については、実際に肌が弱いのですがまずひげを剃るまえに蒸したタオル、なければ温水であたためたタオルでひげの周囲を温めます。しばらく温めることでひげが多少柔らかくなるのでその後にシェービングクリームを塗ってなるべく新しいカミソリでひげを剃ることです。その後はアフターシェービングローションを塗れば大体は肌にダメージが行きません。

まずは剃る範囲を蒸しタオルで温めます。数分暖めてから通常石鹸で剃る髭部分を洗顔し、その後にシェービングクリームや髭剃り用ゲルを塗りいつものように髭を剃ります。あまり深剃りしないように軽く動かします。逆毛剃りは髭剃り負けの原因になりますので、反る方向は一方向です。剃ったあとにアフターシェーブローションなどを塗り皮膚をいたわります。ひげそりもよく切れるものを使いましょう。切れないひげそりも負ける原因の一つです。

髭剃り負けになったら、例えば今まで出勤前に剃っていたのを寝る前に剃るとか出来る限り皮膚に剃刀を当てる時間をずらしていきチョットでも長く肌荒れした部分が回復するための時間を与えるようにしています。あと、T字カミソリで負けたら、電動シェーバーに切り替える、それで電動シェーバーに負けだしたらT字カミソリに戻す等を繰り返しこれ以上の荒れの進行を抑えることも大切にしています。
あと他の方もやっておられることだと思いますが、日常の保湿と薬の塗布は必要です。

一番の髭剃り負け対処方法は、剃刀を使わないことです。
髭剃り負けをする人は、剃刀を使えば、間違いなく血が噴き出ることを知っています。あえて剃刀を使わないように、家に剃刀を置いておくことをやめましょう。では、どうやってひげをそるか。
シャワーを浴び、顔の油を適度にとった後で、リステリンで顔を洗う。
すっとした状態で、シャワーから上がり、電気カミソリでひげをそる。
剃刀と同じくらいすべすべで、爽快感ある剃り味を感じられます。
剃刀負けしません。リステリン+電気カミソリのコンボは最高です。

まず、身体を保湿しましょう。
特に起床時と入浴後の1日2回は
少なくとも保湿するといいですよ。
次に、肌着は綿にすると良いです。
化学繊維のものは、避けましょう。
他にも、身体を洗うときは、石鹸を泡立てて、手で洗うのがおすすめです。タオルなどで洗うと皮膚の炎症がひどくなる場合があるので、避けましょう。
背中に手が届かないって方もいますよね。何を隠そう私です。(笑)
届かない部分は、お湯で洗い流すだけで十分清潔になるそうです。(皮膚科の先生から聞いたので確かな情報ですよ。)